訃報(2017年3月14日):チャータリス・オブ・アミスフィールド男爵夫人ゲイ・チャータリス閣下、卒去(1919~2017)

 2017年3月14日、チャータリス・オブ・アミスフィールド男爵夫人ゲイ・チャータリス閣下(Gay Charteris : The Baroness Charteris of Amisfield : ゲイ・マーゲッソンGay Margesson)が卒去された模様です。
 1919年3月3日生まれの98歳。

 夫は一代貴族の故・チャータリス・オブ・アミスフィールド男爵マーティン・チャータリスMartin Charteris, Baron Charteris of Amisfield)。
 父は、後に初代マーゲッソン子爵となる(ヘンリー)・デイヴィッド・マーゲッソンHenry David Margesson)です。

 ご冥福をお祈りします。

 

記事:
 (英語)CHARTERIS OF AMISFIELD – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: Baroness Charteris of Amisfield 1919-2017

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:チャータリス・オブ・アミスフィールド男爵マーティン・チャータリス)Martin Charteris, Baron Charteris of Amisfield – Wikipedia
 (英語:初代マーゲッソン子爵デイヴィッド・マーゲッソン)David Margesson, 1st Viscount Margesson – Wikipedia
 (英語:マーゲッソン子爵)Viscount Margesson – Wikipedia
 連合王国貴族 – Wikipedia
 一代貴族 – Wikipedia

訃報(2017年1月27日?):セルマ・レイトン・ロイド閣下、卒去(1923~2017)初代レイトン・オブ・セント・メロンズ男爵の娘

 日付が確定できませんが(2017年1月27日?)、セルマ・レイトン・ロイド閣下(The Honourable Thelma Leighton Lloydセルマ・シーガー閣下 : The Honoubale Thelma Seager)が卒去された模様です。
 1923年生まれの93歳。

 イギリスの連合王国貴族/初代レイトン・オブ・セント・メロンズ男爵レイトン・シーガーの娘。

 ご冥福をお祈りします。

 

記事:
 (英語)LEIGHTON LLOYD – Deaths Announcements – Telegraph Announcements

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:初代レイトン・オブ・セント・メロンズ男爵レイトン・シーガー)Leighton Seager, 1st Baron Leighton of St Mellons – Wikipedia
 (英語:レイトン・オブ・セント・メロンズ男爵)Baron Leighton of St Mellons – Wikipedia
 連合王国貴族 – Wikipedia

訃報(2017年3月8日):“サー”・クライヴ・ボッサム準男爵閣下、卒去(1918~2017)

 2017年3月8日、イギリスの連合王国準男爵/第2代ボッサム準男爵“サー”・クライヴ・ボッサム準男爵閣下(The Honourable Sir Clive Bossom, 2nd Baronet)が卒去された模様です。
 1918年2月4日生まれの99歳。

※初代準男爵である父が一代貴族の男爵に叙されているため、男爵の子供に対する敬称である The Honourable (閣下)を付記しています。

 卒去に伴い、長男のブルース・ボッサム氏(Bruce Bossom)が準男爵位を継承するものと思われます。

 ご冥福をお祈りします。

 

記事:
 (英語)BOSSOM – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: Hon Sir Clive Bossom, 2nd Baronet 1918-2017

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:クライブ・ボッサム)Clive Bossom – Wikipedia
 (英語:ボッサム準男爵)Bossom baronets – Wikipedia
 準男爵 – Wikipedia

婚約(2017年3月13日):イギリスの第3代ハイヴズ男爵マシュー・ハイヴズ閣下とデヴィーナ・メレディス博士

 イギリスの連合王国貴族/第3代ハイヴズ男爵マシュー・ハイヴズ閣下(Matthew Hives, 3rd Baron Hives : ハイヴズ卿 : The Right Honourable The Lord Hives)とデヴィーナ・メレディス博士(Dr Davina Meredith)の婚約が発表されているようです。

 第3代ハイヴズ男爵閣下は、1971年5月25日生まれの45歳。

 

記事:
 (英語)Lord Hives and Dr D. Meredith – Engagements Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: Hives/Meredith engagement

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ハイヴズ男爵)Baron Hives – Wikipedia
 連合王国貴族 – Wikipedia

結婚式(2017年3月3日):トーマス・ハムデン・インスキップ氏(カルデコート子爵一族)とローラ・ヒューズ=ヤング閣下(第2代セント・ヘレンズ男爵の娘)。ヘンリー王子殿下が参列

 2017年3月3日、ジャマイカで、トーマス・ハムデン・インスキップ氏(Thomas Hampden InskipトムTomスキッピーSkippy)とローラ・ヒューズ=ヤング閣下(The Honourable Laura Hughes-Young)の結婚式が執り行われたようです。

 イギリス王室のウェールズ公家ヘンリー王子殿下(His Royal Highness Prince Henry of Wales : プリンス・ハリーPrince Harry)が、友人として参列された模様。

 トーマス・ハムデン・インスキップ氏は、イギリスの連合王国貴族/カルデコート子爵の一族(初代子爵の弟の曾孫)です。
 ローラ・ヒューズ=ヤング閣下は、第2代セント・ヘレンズ男爵リチャード・ヒューズ=ヤング閣下の娘です。

 元ヨーク公爵夫人サラSarah, Duchess of York)や、メーガン・マークルMeghan Markle)が参列しています。

 

記事:
 (英語)Meghan Markle Is Prince Harry's Date at Friend's Caribbean Wedding
 (英語)Meghan Markle and Prince Harry attend friend's wedding  | Daily Mail Online
 (英語)Prince Harry Joined By Girlfriend Meghan For Friend's Jamaica Wedding | The Royal Forums

 

Emily Andrewsさんのツイート: "#Princeharry & Meghan Markle enjoy romantic Jamaican hol at Skippy's wedding yest. Love her Erdem dress. He flew in wed, she thurs. #royals https://t.co/mWfXHGJhfL"

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:カルデコート子爵)Viscount Caldecote – Wikipedia
 (英語:セント・ヘレンズ男爵)Baron St Helens – Wikipedia

 ヘンリー・オブ・ウェールズ – Wikipedia
 (英語)Prince Harry – Wikipedia, the free encyclopedia
 ウィンザー朝 – Wikipedia
 (英語)House of Windsor – Wikipedia, the free encyclopedia
 イギリス王室 – Wikipedia
 (英語)British Royal Family – Wikipedia, the free encyclopedia
 イギリス – Wikipedia

 メーガン・マークル – Wikipedia
 (英語)Meghan Markle – Wikipedia

 ジャマイカ – Wikipedia