マルタ騎士団総長代理ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン閣下が、三ヶ国の大使を接受(2017年4月)

 2017年4月5日、マルタ騎士団総長代理(The Lieutenant ad interim)/グランド・コマンダー“フラー”・ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン閣下(His Excellency the Venerable Bailiff Fra’ Ludwig Hoffmann von Rumerstein)は、チリ共和国、ウルグアイ東方共和国、ボリビア多民族国のマルタ騎士団駐箚特命全権大使を接受、信任状の捧呈を受けられたようです。

 

記事:
 (英語:マルタ騎士団公式サイト)Credentials presented by Chile, Uruguay and Bolivia – Order of Malta

 

参考(ウィキペディア):

 (英語:ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン)Ludwig Hoffmann von Rumerstein – Wikipedia
 マルタ騎士団 – Wikipedia
 (英語)Sovereign Military Order of Malta – Wikipedia, the free encyclopedia

 チリ – Wikipedia
 ウルグアイ – Wikipedia
 ボリビア – Wikipedia

 信任状捧呈式 – Wikipedia

マルタ騎士団の次期(第80代)総長の選出は2017年4月29日(2017年2月)

 第79代マルタ騎士団総長“フラー”・マシュー・フェスティング殿下(His Most Eminent Highness Fra’ Matthew Festing, Prince and Grand Master of the Order of Malta)の辞任に伴う次期(第80代)総長の選出は2017年4月29日と決まったようです。
 総長代理(Lieutenant ad interim)を務めているマルタ騎士団グランド・コマンダー“フラー”・ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン閣下(His Excellency the Venerable Bailiff Fra’ Ludwig Hoffmann von Rumerstein)や最高評議会メンバーなど60人が投票をおこなう模様。

 

記事:
 (英語)Order of Malta Government to convene Council Complete of State on 29 April to elect the successor of the Grand Master

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:マシュー・フェスティング)Matthew Festing – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン)Ludwig Hoffmann von Rumerstein – Wikipedia
 マルタ騎士団 – Wikipedia
 (英語)Sovereign Military Order of Malta – Wikipedia, the free encyclopedia

マルタ騎士団が記者会見(2017年2月)

 2017年2月2日、マルタ騎士団の記者会見がおこなわれました。

 

Order of Malta | Official Channel(マルタ騎士団公式チャンネル):
Order of Malta press conference February 2, 2017 | FULL COVERAGE – YouTube

 

 (英語)Order of Malta turns the page: We reaffirm our loyalty to the pope – ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Order of Malta turns the page: We reaffirm our loyalty to the pope – YouTube

 

 マルタ騎士団側からの出席者は五方で、うち(向かって)右端の一方は誰かわかりませんでしたが、四方は、

 (向かって)左から:
 マルタ騎士団の広報担当官であるエウジェニオ・アイロルディ氏(Eugenio Ajroldi)、
 マルタ騎士団グランド・ホスピトラー(医務総監)ラ・ロシュフコー公ドミニク・ド・ラ・ロシュフコー・ド・モンベル閣下(His Excellency Dominique de La Rochefoucauld de Montbel, Prince 【Fürst】 de La Rochefoucauld, the Grand Hospitaller)、
 マルタ騎士団グランド・チャンセラー(国務総監)に復帰したアルプレヒト・フライヘル・フォン・ベーゼラガー閣下(His Excellency Albrecht Freiherr von Boeselager, the Grand Chancellor)、
 マルタ騎士団財務総監エステルハージ・デ・ガランタ伯爵子ヤーノシュ閣下(His Excellency Janos Count Esterhazy de Galantha, the Receiver of the Common Treasure)、
 です。

 アイロルディ氏が男爵号を(おそらく)持っていることを考えると、貴族ばかりという状況に。

 

参考(ウィキペディア):
 マルタ騎士団 – Wikipedia
 (英語)Sovereign Military Order of Malta – Wikipedia, the free encyclopedia

マルタ騎士団総長代理ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン閣下が、関係者にメッセージ(2017年1月)

 第79代マルタ騎士団総長“フラー”・マシュー・フェスティング殿下(His Most Eminent Highness Fra’ Matthew Festing, Prince and Grand Master of the Order of Malta)の辞任に伴い、総長代理(Lieutenant ad interim)を務めているマルタ騎士団グランド・コマンダー“フラー”・ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン閣下(His Excellency the Venerable Bailiff Fra’ Ludwig Hoffmann von Rumerstein)による関係者へのメッセージがマルタ騎士団公式サイトに掲載されています。

 

記事:
 (英語:マルタ騎士団公式サイト)Letter of Fra’ Ludwig Hoffmann von Rumerstein – Order of Malta

 

参考(ウィキペディア):

 (英語:ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン)Ludwig Hoffmann von Rumerstein – Wikipedia
 マルタ騎士団 – Wikipedia
 (英語)Sovereign Military Order of Malta – Wikipedia, the free encyclopedia

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下がマルタ騎士団総長マシュー・フェスティング殿下に辞任を要求し、殿下は辞任したとの報道(2017年1月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/ローマ教皇フランシスコ聖下(ローマ法王台下 : His Holiness Pope Francis)は、アルプレヒト・フライヘル・フォン・ベーゼラガー閣下(His Excellency Albrecht Freiherr von Boeselager)がマルタ騎士団のグランド・チャンセラー(国務総監 : 外務大臣・内務大臣相当)から解任された問題について、マルタ騎士団側の状況を問題視し、第79代マルタ騎士団総長“フラー”・マシュー・フェスティング殿下(His Most Eminent Highness Fra’ Matthew Festing, Prince and Grand Master of the Order of Malta)に辞任を要求、殿下はそれを受け入れて辞任したと報道されています。

 マルタ騎士団グランド・コマンダー“フラー”・ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン閣下(His Excellency the Venerable Bailiff Fra’ Ludwig Hoffmann von Rumerstein)が代行を務めます。

 また、マシュー・フェスティング殿下は、(英語では)ベイリフ・グランド・プライアー(Bailiff Grand Prior)の地位・称号を保有、後継の総長にのみ属することになります(が、正直、このような情勢では、殿下がマルタ騎士団に留まるかどうかも確かではありません)。

 

 (英語)Grand Master of the Order of Malta resigns to facilitate a solution to the crisis – ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Grand Master of the Order of Malta resigns to facilitate a solution to the crisis – YouTube

 

記事:
 (英語)BREAKING: Knights of Malta Grand Master Resigns
 (英語)Knights of Malta head resigns after dispute with Vatican – Metro

追記:
 ローマ教皇聖座公式で記事が出ました。
 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Holy See Press Office communiqué, 25.01.2017
 1月24日が辞任申し出、1月25日が辞任許諾、となっています。
 しかしそもそも、終身前提で主権実体のトップであるマルタ騎士団総長が、他者に辞任を申し出て許諾を得るというのは、(その前に聖座の騎士団への介入を国際法違反と殿下が指摘していたのと同じように)マルタ騎士団の主権を否定する動きです。“属国”に国際的地位を与える必要があるのかどうか疑問に思う人々も出てくるでしょう(そもそもたくさんいたような気もしますが)。

 マルタ騎士団公式で記事が出ました。
 (英語:マルタ騎士団公式サイト)Fra’ Matthew Festing convenes a Sovereign Council to formalise his resignation from the office of Grand Master – Order of Malta
 1月28日に臨時最高評議会が開かれ、そこでマシュー・フェスティング殿下の辞任が承認されることになるようです。
 従って、それまでは殿下は総長であるわけですが、報道やローマ教皇聖座の発表(教皇が辞任を受諾した)をうのみに、マルタ騎士団の主権を無視して、1月25日(または1月24日)で殿下は総長の職を終えているとの認識が多いようです。

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:マシュー・フェスティング)Matthew Festing – Wikipedia, the free encyclopedia
 マルタ騎士団 – Wikipedia
 (英語)Sovereign Military Order of Malta – Wikipedia, the free encyclopedia

 (ドイツ語:アルプレヒト・フライヘル・フォン・ベーゼラガー)Albrecht Freiherr von Boeselager – Wikipedia

 (ドイツ語:ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン)Ludwig Hoffmann von Rumerstein – Wikipedia

 フランシスコ (ローマ教皇) – Wikipedia
 (英語)Pope Francis – Wikipedia, the free encyclopedia
 ローマ教皇庁 – Wikipedia
 聖座 – Wikipedia
 バチカン – Wikipedia