結婚/民事婚(2017年4月29日):エヴルー伯爵オルレアン公子ミシェル殿下がバルバラ・エードレ・フォン・ポッシュ=パストルと再婚

 2017年4月29日、(旧)フランス王室(オルレアン派)のエヴルー伯爵/フランス王子/オルレアン公子ミシェル殿下(His Royal Highness Prince Eudes of Orléans, Duke of Angoulême, fils de France)が、バルバラ・エードレ・フォン・ポッシュ=パストルBarbara Edle von Posch-Pastor)と再婚されたようです(民事婚)。
 式後には、フランス貴族系第4代アーレンベルク公爵/アーレンベルク公子ピエール殿下の居城でパーティーがおこなわれた模様。

 

記事:
 (フランス語)Le 29 avril dernier a été célébré le mariage civil du prince Michel de France – Le blog de La Couronne

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:エヴルー伯爵ミシェル公子)Prince Michel, Count of Évreux – Wikipedia
 オルレアン家 – Wikipedia
 (英語)House of Orléans – Wikipedia, the free encyclopedia
 オルレアニスム – Wikipedia
 (英語)Orléanist – Wikipedia, the free encyclopedia
 フランス王国 – Wikipedia
 (英語)Kingdom of France – Wikipedia
 7月王政 – Wikipedia
 (英語)July Monarchy – Wikipedia
 フランス – Wikipedia

 アーレンベルク家 – Wikipedia
 (英語)House of Arenberg – Wikipedia

ドイツの博物館から、バーデン大公妃ヒルダのティアラが盗まれた模様(2017年4月)1億5000万円くらいの価値?

 2017年4月29日に、ドイツの博物館で、バーデン大公妃ヒルダ殿下(1864~1952 : Hilda : Her Royal Highness The Grand Duchess of Baden : ナッサウ公女 : Her Highness Princess Hilda of Nassau)のティアラが盗まれているのが発見された模様です。

 

記事:
 (英語)Associated Press – Tiara adorned with 367 diamonds stolen from German museum
 (ドイツ語)1,2 Millionen Euro: Diadem aus Badischem Landesmuseum in Karlsruhe gestohlen – FOCUS Online

 

参考(ウィキペディア):
 ヒルダ・フォン・ナッサウ – Wikipedia
 (英語)Princess Hilda of Nassau – Wikipedia
 バーデン (領邦) – Wikipedia

 ティアラ – Wikipedia

訃報(2017年4月30日):ハプスブルク家ハンガリー副王系当主ヨーゼフ・アールパード大公殿下が薨去されたという情報(1933~2017)

 2017年4月30日、ハプスブルク家ハンガリー副王系当主のオーストリア大公ヨーゼフ・アールパード殿下(オーストリア皇子/ハンガリー王子/ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Joseph Arpád of Austria, Prince Imperial of Austria and Prince Royal of Hungary and Bohemia)が薨去されたという情報が出ています。
 1933年2月8日生まれの84歳。

 ご冥福をお祈りします。

※英語で「Head of the Palatines of Hungary’s branch」などと表現されることがあるため、「ハンガリー副王系当主」と書きましたが、権限などが認められているわけではなく、ハンガリー副王系でもっとも直系ということです。

 

記事:
 (英語)It is with profound saddness that we… – Centro de Estudos Ordens Dinásticas Portuguesas / Orders Study Centre | Facebook
 (英語)Royal Musings: Archduke Joseph Arpad of Austria (1933-2017)
 (英語)† Archduke Joseph Árpad of Austria | Royal Travel and Events
 (フランス語)archiduc Joseph-Arpad de Habsbourg-Lorraine, chef de la Maison palatine de Hongrie (1933-2017) | généalogies angevines et royales

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:オーストリア大公ヨーゼフ・アルパード)Archduke Joseph Árpád of Austria – Wikipedia
 ハプスブルク=ロートリンゲン家 – Wikipedia
 ロレーヌ家 – Wikipedia
 (英語)House of Lorraine – Wikipedia
 オーストリア=ハンガリー帝国 – Wikipedia
 (英語)Austria-Hungary – Wikipedia

42歳(2017年5月2日):ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公女ナターリエ殿下が42歳を迎える

 2017年5月2日、ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公女ナターリエ殿下(Her Highness Princess Nathalie of Sayn-Wittgenstein-Berleburg)が42歳を迎えられました。
 故・第6代ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公リヒャルト殿下とデンマーク王女/ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公妃ベネディクテ殿下の次女です。

 

記事:
 (英語)Who is Princess Nathalie of Sayn-Wittgenstein-Berleburg? – Royal Central

 

2017年3月21日のリヒャルト殿下の葬儀の時の写真/
ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公女ナターリエ殿下と夫のアレクサンダー・ヨハンスマン氏:
Princess Nathalie and Alexander Johannsmann attend the funeral of… ニュース写真 | Getty Images

 

参考(ウィキペディア):
 ナターリエ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク – Wikipedia
 (英語)Princess Nathalie of Sayn-Wittgenstein-Berleburg – Wikipedia
 (英語:ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク)Sayn-Wittgenstein-Berleburg – Wikipedia
 ザイン=ヴィトゲンシュタイン – Wikipedia
 (英語)Sayn-Wittgenstein – Wikipedia
 ザイン伯領 – Wikipedia
 (英語)Sayn – Wikipedia

 シュタンデスヘル – Wikipedia
 陪臣化 – Wikipedia

洗礼式(2017年4月22日):ナッサウ公子リアム殿下(ルクセンブルク大公位継承順位第4位)

 2017年4月22日、ナッサウ公子リアム殿下(ブルボン=パルマ公子 : His Royal Highness Prince Liam of Nassau, Prince of Bourbon-Parma)の洗礼式が、バチカンで執り行われました。

 リアム公子殿下はルクセンブルク大公子フェリックス殿下と大公子妃クレア殿下の第二子・長男で、ルクセンブルク大公位継承順位第4位です。
 現在、ルクセンブルク大公室は、ルクセンブルク大公子/大公女の称号を、大公および大公世子の子供に限っているため、大公の孫であるリアム公子殿下および姉のアマリア殿下はそれらを帯びません。

参列者:
 父母:ルクセンブルク大公子フェリックス殿下と大公子妃クレア殿下

 姉:ナッサウ公女アマリア殿下

 祖父母/ルクセンブルク大公アンリ殿下と大公妃マリア・テレサ殿下
 伯父夫婦/ルクセンブルク大公世子ギヨーム殿下と大公世子妃ステファニー殿下
 叔父/ルクセンブルク大公子ルイ殿下
 叔母/ルクセンブルク大公女アレクサンドラ殿下
 叔父/ルクセンブルク大公子セバスティアン殿下

 大叔母夫婦とその子供/リヒテンシュタイン公子ニコラウス殿下と公子妃マルガレータ殿下(ルクセンブルク大公女)
  リヒテンシュタイン公女マリア・アヌンチャータ殿下
  リヒテンシュタイン公女マリー=アストリッド殿下
  リヒテンシュタイン公子ヨーゼフ殿下

 ヴィンディシュ=グレーツ公マリアノ=ヒューゴー殿下
 ヴィンディシュ=グレーツ公妃ゾフィー殿下(オーストリア大公女、ハプスブルク家出身)
 ヴィンディシュ=グレーツ公女ラリッサ殿下

 レーリオ・オルシーニ公子閣下

 

記事:
 (フランス語:ルクセンブルク大公室公式サイト)Célébration du baptême de Son Altesse Royale le Prince Liam – Cour Grand-Ducale de Luxembourg – Avril 2017
 (英語)Prince Liam of Nassau Christened At The Vatican | The Royal Forums
 (英語)Luxemburger Wort – Baptism of Luxembourg's youngest prince at the Vatican
 (英語)Prince Liam baptised at the Vatican – Royal Central
 (英語)Royal Musings: The baptism of Prince Liam of Nassau
 (ドイツ語)Luxemburger Wort – Prinz Liam empfängt das Sakrament der Taufe
 (ルクセンブルク語)RTL.lu – People – De Prënz Liam ass de Weekend am Vatikan gedeeft ginn

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ナッサウ公子リアム)Prince Liam of Nassau – Wikipedia
 ブルボン=パルマ家 – Wikipedia
 (英語)House of Bourbon-Parma – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:ルクセンブルク大公室)Grand Ducal Family of Luxembourg – Wikipedia, the free encyclopedia
 ルクセンブルク – Wikipedia