離婚(2007年3月):ホーエンツォレルン公子フェルフリート殿下、3度目の離婚

 ホーエンツォレルン公子フェルフリート殿下(His Serene Highness Prince Ferfried of Hohenzollern)が、マヤ・マイナート夫人(Maja Meinert)と離婚されたそうです。
 フェルフリート殿下の離婚は今回で三度目。いずれの結婚も貴賤結婚と考えられますが、一度目・二度目の結婚で生まれた子女にプリンス(Prince)・プリンセス(Princess)を用いて表記している情報もあります。

 フェルフリート公子殿下は、ホーエンツォレルン公フリードリヒ・ヴィルヘルム殿下の弟で、1943年4月14日生まれの63歳です。

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ホーエンツォレルン公子フェルフリート)Prince Ferfried of Hohenzollern – Wikipedia
 ホーエンツォレルン家 – Wikipedia

訃報(2007年3月1日):クラリー=アルトリンゲン公マルクス閣下、薨去(1919~2007)

 2007年3月1日、クラリー=アルトリンゲン公マルクス閣下(Marcus : His Serene Highness The Prince【Fürst】 of【von】 Clary-Aldringen)がアメリカ合衆国フロリダ州ボニータ・スプリング市で薨去された模様です。
 1919年9月1日生まれの87歳。
 オーストリア貴族の家系。

 クラリー=アルトリンゲン公位は長男のクラリー=アルトリンゲン伯爵子ヒエロニムス閣下(His Illustrious Highness Count【Graf】 Hieronymus of【von】 Clary-Aldringen)が継承の模様。

 ご冥福をお祈りします。

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:クラリー・ウント・アルトリンゲン)Clary und Aldringen – Wikipedia

訃報(2007年2月28日):諫早英雄 氏(旧・男爵?)、卒去(1923?~2007)

 2007年2月28日、諫早英雄氏(旧・男爵?)が卒去した模様。84歳。

 諫早家は龍造寺氏の傍系で、龍造寺四家の一つ。佐賀藩親類同格。
 第19代当主の諫早不二雄男爵が1923年に隠居しているようだが、英雄氏は生まれたばかりのはずなので、このあたりの事情や、本当に男爵を襲爵したのかは不明。

 ご冥福をお祈りします。

 

参考(ウィキペディア):
 (3代前の当主?)諫早家崇 – Wikipedia
 龍造寺四家 – Wikipedia
 龍造寺氏 – Wikipedia

 佐賀藩 – Wikipedia

訃報(2007年2月28日):ルクセンブルク大公女マリー・アデライード殿下、薨去(1924~2007)

 2007年2月28日、ルクセンブルク大公女マリー・アデライード殿下(ナッサウ公女 : ブルボン=パルマ公女 : ヘンケル・フォン・ドナースマルク伯爵夫人 : Her Royal Highness Princess Marie Adelaide of Luxembourg, Princess of Nassau, Princess of Bourbon-Parma, Countess Henckel von Donnersmarck)が薨去されたようです。
 1924年5月21日生まれの82歳。

 ご冥福をお祈りします。

 

参考(ウィキペディア):
 マリー=アデライード・ド・リュクサンブール – Wikipedia
 (英語)Princess Marie Adelaide of Luxembourg – Wikipedia
 ブルボン=パルマ家 – Wikipedia
 (英語)House of Bourbon-Parma – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:ルクセンブルク大公室)Grand Ducal Family of Luxembourg – Wikipedia, the free encyclopedia
 ルクセンブルク – Wikipedia

誕生(2007年2月28日):モロッコのラーラ・ハディージャ王女殿下

 2007年2月28日、モロッコ王国のモロッコ王ムハンマド6世陛下(モハメド6世 : His Majesty King Mohammed VI of Morocco)と“ラーラ”・サルマ妃殿下(Her Royal Highness Princess Lalla Salma)の間の第二子・長女となる“ラーラ”・ハディージャ王女殿下(Her Royal Highness Princess Lalla Khadija)が誕生されたとのことです。

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ラーラ・ハディージャ王女)Princess Lalla Khadija of Morocco – Wikipedia
 ムハンマド6世 (モロッコ王) – Wikipedia
 (英語)Mohammed VI of Morocco – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:ラーラ・サルマ妃)Princess Lalla Salma of Morocco – Wikipedia
 (英語:アラウィー朝)Alaouite dynasty – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:モロッコ王室)Royal family of Morocco – Wikipedia, the free encyclopedia
 モロッコ – Wikipedia