旧宮家(旧皇族)と男系子孫

※このページは長期間更新されていません。

 

 ここでは1947年に皇籍離脱した11宮家の男子とその男系子孫のうち、生存している人物を中心に、情報が出ている方々を掲載しておきます。
 生存中の男系男子は太字で表記

 


[継承順位第一位宮] 旧伏見宮家

 

 


[継承順位第二位宮] 旧山階宮家

 

1987年、山階武彦(武彦王)、死去。
※戦前に臣籍降下した家系の子孫あり。

 


[継承順位第三位宮] 旧久邇宮家

 

  • 久邇邦昭邦昭王殿下) (1929年生まれ) ※直系当主
    [久邇邦昭 – Wikipedia]

    • 久邇朝尊 (1959年生まれ)
    • 久邇邦晴 (1961年生まれ)
    • 久邇晃子 (1963年生まれ)
  • 久邇朝建朝建王殿下) (1940年生まれ)
    • 久邇朝俊 (1971? 1972? 年生まれ)
    • 久邇桂子
  • 久邇朝宏(久邇宮朝宏王殿下) (1944年生まれ)

 


[継承順位第四位宮] 旧賀陽宮家

 

    • 故/賀陽邦寿(邦寿王殿下) (1922年-1986年) ※邦壽の表記もあり
    • 賀陽美智子(賀陽宮美智子女王殿下) (1923年生まれ)
      [賀陽美智子 – Wikipedia]
    • 故/賀陽治憲(治憲王殿下) (1926年-2011年)
    • 故/賀陽章憲(章憲王殿下) (1929年-1944年)
      [章憲王 – Wikipedia]

      • 賀陽正憲 (1959年生まれ?)
        • 賀陽? (199?年生まれ)
        • 賀陽? (199?年生まれ)
    • 賀陽文憲文憲王殿下) (1931年生まれ)
      [賀陽文憲 – Wikipedia]
    • 賀陽宗憲宗憲王殿下) (1935年生まれ)
      [賀陽宗憲 – Wikipedia]
    • 賀陽健憲健憲王殿下) (1942年生まれ)
      [賀陽健憲 – Wikipedia]

 


[継承順位第五位宮] 旧朝香宮家

 

  • 故/鈴木冨久子(冨久子女王殿下) (1941年-2009年)
  • 朝香誠彦誠彦王殿下) (1943年生まれ) ※直系当主
    • 朝香明彦 (1972年生まれ?)
  • (美仍子女王殿下) (1945年生まれ)

 


[継承順位第六位宮] 旧東久邇宮家

 

    • 故/東久邇盛厚(盛厚王殿下) (1917年-1969年)
      [盛厚王 – Wikipedia]
      [Morihiro Higashikuni – Wikipedia, the free encyclopedia]
      故/一番目の妻:東久邇成子(成子内親王殿下) (1925年-1961年)
      [東久邇成子 – Wikipedia]
      [Shigeko Higashikuni – Wikipedia, the free encyclopedia]

      • 東久邇信彦信彦王殿下) (1945年生まれ) ※直系当主
        [東久邇信彦 – Wikipedia]

        • 東久邇征彦 (1973年4月3日生まれ : 1974年生まれとの情報も)
      • 東久邇文子(文子女王殿下) (1946年生まれ) ※高木代々吉と婚姻
      • 東久邇秀彦壬生基博 : 旧壬生伯爵家へ養子に) (1949年生まれ)
        • 壬生基成 (1979年9月22日生まれ)
        • 壬生基敦 (1982年5月8日生まれ)
        • 壬生??
      • 東久邇眞彦 (1953年生まれ)
        • 東久邇照彦 (1979年5月11日生まれ)
          • 東久邇?? (2004年生まれ)
        • 東久邇睦彦 (1980年11月13日生まれ)
      • 東久邇優子 (1954年生まれ)

      故/二番目の妻:佳子夫人(寺尾佳子) (1927年-2011年)

      • 東久邇厚彦寺尾厚彦 : 母方の養子に) (1966年生まれ)
      • 東久邇盛彦 (1967年生まれ)

     


    [継承順位第七位宮] 旧北白川宮家

     

    • 北白川道久道久王殿下) (1937年生まれ) ※直系当主
      [北白川道久 – Wikipedia]
      慶子夫人(島津慶子) (1943年生まれ)

      • 北白川?(長女)
      • 北白川?(次女)
      • 北白川?(三女)

     


    [継承順位第八位宮] 旧竹田宮家

     

    ※「恒」の字が使われているか「恆」の字が使われているか確認出来ないため、両方書いておきます

    • 竹田恒正[恆正]恒正[恆正]王殿下) (1940年生まれ) ※直系当主
      [竹田恒正 – Wikipedia]

      • 竹田恒貴[恆貴] (1974年? 1975年? 生まれ)
      • 竹田浩子 (????年生まれ)
    • 竹田素子(素子女王殿下) (1942年生まれ)
    • 竹田紀子(紀子女王殿下) (1943年生まれ)
    • 竹田恒治[恆治]恒治[恆治]王殿下) (1944年生まれ)
      [竹田恒治 – Wikipedia]

    • 竹田恒和[恆和] (1947年生まれ)
      竹田恆和 – Wikipedia

      • 竹田恒泰[恆泰] (1975年生まれ)
        竹田恒泰 – Wikipedia

      • 竹田恒俊[恆俊] (1978年? 1979年? 生まれ)
      • 竹田?(長女)

     


    [継承順位第九位宮] 旧閑院宮家

     

    1988年、閑院純仁(春仁王)、死去。

     


    [継承順位第十位宮] 旧東伏見宮家

     

    1922年、依仁親王、後継者無くして死去。
    1931年、久邇宮家の邦英王が東伏見宮家の祭祀を継承するため臣籍降下し、東伏見邦英に(後の法名:慈洽)。
    1947年、依仁親王妃周子殿下、皇籍離脱。東伏見周子に。
    1955年、東伏見周子、死去。
    2014年、東伏見慈洽 青蓮院前門主(元・邦英王殿下、元・東伏見邦英伯爵) 遷化。子孫あり。

     


    [継承順位第十一位宮] 旧梨本宮家

     

    1951年、梨本守正(守正王)、死去。
    1976年、梨本伊都子(守正王妃伊都子)、死去。
    1985年、長女の広橋規子(規子女王)、死去。
    1989年、次女の李方子(方子女王)、死去。

    梨本伊都子の養子:
    ?年、梨本儀光(長女広橋規子[規子女王]の息子広橋儀光、後に離縁)
    1966年、龍田徳彦(1943年に久邇宮家より臣籍降下した徳彦王) (1922年~2007年) と正子(久邇宮家の正子女王)(1926年生まれ) の夫妻
    ※徳彦と正子夫人は1980年に離婚されていますが、伊都子は夫人とも養子縁組しています。
    [久邇正子 – Wikipedia]
    徳彦と正子夫妻の三子、龍田徳久、龍田豊子、龍田鑑代子(養子縁組前の子供のためか龍田氏)。
    徳彦は養子として、神林隆夫という人物を養子に迎えたとされています(梨本隆夫)が、この人物は皇族との血の繋がりは無いようです。
    [梨本隆夫 – Wikipedia]