訃報(2017年1月25日):イギリスの一代貴族、ウォール・オブ・ニュー・バーネット女男爵マーガレット・ウォール閣下が卒去(1941~2017)

 2017年1月25日、イギリスの一代貴族(労働党)、ウォール・オブ・ニュー・バーネット女男爵マーガレット・ウォール閣下(Margaret Wall, Baroness Wall of New Barnet : The Right Honourable The Baroness Wall of New Barnet)が卒去されたようです。
 1941年11月14日生まれの75歳。

 2004年に一代貴族のウォール・オブ・ニュー・バーネット女男爵に叙されました。

 ご冥福をお祈りします。

 

記事:
 (英語:イギリス議会公式サイト議員ページ)Baroness Wall of New Barnet – UK Parliament

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ウォール・オブ・ニュー・バーネット女男爵マーガレット・ウォール)Margaret Wall, Baroness Wall of New Barnet – Wikipedia
 一代貴族 – Wikipedia

ヨルダン王アブドゥッラー2世陛下が、ロシア大統領プーチン閣下を訪問(2017年1月)

 2017年1月25日、ヨルダン・ハシミテ王国国王アブドゥッラー2世陛下(アブドッラー2世アブドラ国王Abdullah II of Jordan : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)は、ロシア連邦大統領ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン閣下(His Excellency Mr Vladimir Vladimirovich Putin)を訪問されました。

 

RHC JO(ヨルダン王室公式チャンネル):
RHCJO | حديث جلالة الملك خلال لقاء الرئيس الروسي فلاديمير بوتين – YouTube

 

Ruptly TV:
Russia: No military solution to the Syrian crisis – Putin speaking to King of Jordan – YouTube

 

記事:
 (英語:ロシア大統領府【クレムリン】公式サイト)Meeting with King Abdullah II of Jordan • President of Russia
 (英語)TASS: World – King of Jordan notes Russia’s role in resolving Syrian crisis

 

参考(ウィキペディア):
 アブドゥッラー2世 – Wikipedia
 (英語)Abdullah II of Jordan – Wikipedia, the free encyclopedia
 ハーシム家 – Wikipedia
 (英語)Hashemites – Wikipedia, the free encyclopedia
 ヨルダン – Wikipedia

 ウラジーミル・プーチン – Wikipedia
 (英語)Vladimir Putin – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア – Wikipedia

デンマーク女王マルグレーテ2世陛下の晩餐会でのスピーチ、アイスランド大統領夫妻を迎えて(2017年1月)

 デンマーク女王マルグレーテ2世陛下(Margrethe II of Denmark : Her Majesty The Queen)は、アイスランド共和国大統領グドゥニ・トルラシウス・ヨハネソン閣下(グズニ・ヨハンネソン大統領 : His Excellency Guðni Thorlacius Jóhannesson)とエリーザ・ジャン・リード夫人(Eliza Jean Reid)を迎えての晩餐会でスピーチをされたようです。

 

Det danske kongehus(デンマーク王室公式チャンネル):
H.M. Dronningens tale i anledning af statsbesøg fra Island – YouTube

 

Det danske kongehus(デンマーク王室公式チャンネル):
Den kongelige familie i procession – YouTube

 

参考(ウィキペディア):
 マルグレーテ2世 (デンマーク女王) – Wikipedia
 (英語)Margrethe II of Denmark – Wikipedia, the free encyclopedia
 ヘンリク (デンマーク王配) – Wikipedia
 (英語)Henrik, Prince of Denmark – Wikipedia
 グリュックスブルク家 – Wikipedia
 (英語)House of Glücksburg – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:デンマーク王室)Danish Royal Family – Wikipedia, the free encyclopedia
 デンマーク – Wikipedia
 デンマーク王国共同体 – Wikipedia

 グズニ・ヨハンネソン – Wikipedia
 (英語)Guðni Th. Jóhannesson – Wikipedia
 アイスランド – Wikipedia

UAE/アブダビ皇太子ムハンマド殿下のインド訪問が始まる(2017年1月)

 アラブ首長国連邦軍副最高司令官/アブダビ皇太子“シャイフ”・ムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン殿下(モハメド皇太子 : His Highness General Sheikh Mohammed bin Zayed Al Nahyan, Crown Prince of Abu Dhabi)のインド訪問が始まったようです。
 空港では、インド首相ナレンドラ・モディ閣下(The Honourable Narendra Modi)が出迎え、歓迎式典と会談・記者会見などがおこなわれた模様。

 

PMO India(インド首相府公式チャンネル):
PM Narendra Modi's Speech at Exchange of Agreements & Press Statement with Crown Prince of Abu Dhabi – YouTube

 

PMO Indiaさんのツイート: "PM @narendramodi and HH Mohamed bin Zayed Al Nahyan during the ceremonial welcome in New Delhi today. @MBZNews https://t.co/9i1kaS9eac"

 

PMO Indiaさんのツイート: "Happening now: the Prime Minister and HH Mohamed bin Zayed Al Nahyan are at the joint press meet. https://t.co/2xMWzLSY3t"

 

記事:
 (英語:インド首相府公式サイト)Press Statement by PM during the State visit of Crown Prince of Abu Dhabi to India | Prime Minister of India
 (英語)Sheikh Mohammed Visits India: Day 1 | The Royal Forums

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン)Mohammed bin Zayed Al Nahyan – Wikipedia, the free encyclopedia
 ナヒヤーン家 – Wikipedia
 (英語)Al Nahyan family – Wikipedia, the free encyclopedia
 アブダビ – Wikipedia
 アラブ首長国連邦 – Wikipedia

 ナレンドラ・モディ – Wikipedia
 (英語)Narendra Modi – Wikipedia, the free encyclopedia
 インド – Wikipedia

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下がマルタ騎士団総長マシュー・フェスティング殿下に辞任を要求し、殿下は辞任したとの報道(2017年1月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/ローマ教皇フランシスコ聖下(ローマ法王台下 : His Holiness Pope Francis)は、アルプレヒト・フライヘル・フォン・ベーゼラガー閣下(His Excellency Albrecht Freiherr von Boeselager)がマルタ騎士団のグランド・チャンセラー(国務総監 : 外務大臣・内務大臣相当)から解任された問題について、マルタ騎士団側の状況を問題視し、第79代マルタ騎士団総長“フラー”・マシュー・フェスティング殿下(His Most Eminent Highness Fra’ Matthew Festing, Prince and Grand Master of the Order of Malta)に辞任を要求、殿下はそれを受け入れて辞任したと報道されています。

 マルタ騎士団グランド・コマンダー“フラー”・ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン閣下(His Excellency the Venerable Bailiff Fra’ Ludwig Hoffmann von Rumerstein)が代行を務めます。

 また、マシュー・フェスティング殿下は、(英語では)ベイリフ・グランド・プライアー(Bailiff Grand Prior)の地位・称号を保有、後継の総長にのみ属することになります(が、正直、このような情勢では、殿下がマルタ騎士団に留まるかどうかも確かではありません)。

 

 (英語)Grand Master of the Order of Malta resigns to facilitate a solution to the crisis – ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Grand Master of the Order of Malta resigns to facilitate a solution to the crisis – YouTube

 

記事:
 (英語)BREAKING: Knights of Malta Grand Master Resigns
 (英語)Knights of Malta head resigns after dispute with Vatican – Metro

追記:
 ローマ教皇聖座公式で記事が出ました。
 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Holy See Press Office communiqué, 25.01.2017
 1月24日が辞任申し出、1月25日が辞任許諾、となっています。
 しかしそもそも、終身前提で主権実体のトップであるマルタ騎士団総長が、他者に辞任を申し出て許諾を得るというのは、(その前に聖座の騎士団への介入を国際法違反と殿下が指摘していたのと同じように)マルタ騎士団の主権を否定する動きです。“属国”に国際的地位を与える必要があるのかどうか疑問に思う人々も出てくるでしょう(そもそもたくさんいたような気もしますが)。

 マルタ騎士団公式で記事が出ました。
 (英語:マルタ騎士団公式サイト)Fra’ Matthew Festing convenes a Sovereign Council to formalise his resignation from the office of Grand Master – Order of Malta
 1月28日に臨時最高評議会が開かれ、そこでマシュー・フェスティング殿下の辞任が承認されることになるようです。
 従って、それまでは殿下は総長であるわけですが、報道やローマ教皇聖座の発表(教皇が辞任を受諾した)をうのみに、マルタ騎士団の主権を無視して、1月25日(または1月24日)で殿下は総長の職を終えているとの認識が多いようです。

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:マシュー・フェスティング)Matthew Festing – Wikipedia, the free encyclopedia
 マルタ騎士団 – Wikipedia
 (英語)Sovereign Military Order of Malta – Wikipedia, the free encyclopedia

 (ドイツ語:アルプレヒト・フライヘル・フォン・ベーゼラガー)Albrecht Freiherr von Boeselager – Wikipedia

 (ドイツ語:ルートヴィヒ・ホフマン・フォン・ルマーシュタイン)Ludwig Hoffmann von Rumerstein – Wikipedia

 フランシスコ (ローマ教皇) – Wikipedia
 (英語)Pope Francis – Wikipedia, the free encyclopedia
 ローマ教皇庁 – Wikipedia
 聖座 – Wikipedia
 バチカン – Wikipedia