ベルギー王室ハイライト映像(2016年9月26日の週)

 ベルギー王室のハイライト映像のようです。

 

The Belgian Monarchy(ベルギー王室公式チャンネル):
Week 26 09 2016 – YouTube

 

参考(ウィキペディア):
 フィリップ (ベルギー王) – Wikipedia
 (英語)Philippe of Belgium – Wikipedia, the free encyclopedia
 マティルド・デュデケム・ダコ – Wikipedia
 (英語)Queen Mathilde of Belgium – Wikipedia, the free encyclopedia
 ザクセン=コーブルク=ゴータ家 – Wikipedia
 (英語)House of Saxe-Coburg and Gotha – Wikipedia, the free encyclopedia
 ベルギー – Wikipedia

洗礼式(2016年9月25日):ピアチェンツァ公/ブルボン=パルマ公子カルロス殿下の洗礼式、オランダ王一家らが参列

 2016年9月25日、2016年4月24日に誕生された、パルマ公カルロス殿下(カルロ5世 : パルマ・ピアチェンツァ公 : CarlosCarlo V : His Royal Highness The Duke of Parma and Piacenza)とパルマ公妃アンネマリー殿下(Princess Annemarie : Her Royal Highness The Duchess of Parma and Piacenza)の第三子・長男の、ピアチェンツァ公/ブルボン=パルマ公子カルロス殿下(His Royal Highness Prince Carlos of Bourbon-Parma, Prince of Piacenza)の洗礼式が、イタリア共和国のパルマ大聖堂で執り行われたようです。
 司式は、パルマ司教エンリコ・ソルミ座下(Enrico Solmi)。
 代父母は、

  • オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下
  • 旧ポルトガル王室当主ブラガンサ公爵ドゥアルテ・ピオ殿下
  • ブルボン=パルマ公女マリア・デ・ラス・ニエベス殿下

 らが務められたようです。

 

 父であるカルロス殿下は(旧)パルマ公室の当主であり、オランダ王女イレーネ殿下の息子として広義のオランダ王室の一員とみなされています。

 そして、亡父カルロス・ウゴより、カルリスタのスペイン貴族の称号として「マドリード公爵」の称号も受けており、現在カルリスタのスペイン王位継承者の一人とみなされています。

 また、前オランダ女王ベアトリクス陛下より、オランダ貴族の称号と敬称として「ブルボン=パルマ公子」「殿下」を受けており、これが男系子孫に継承されるため、息子のカルロス殿下もオランダ貴族に含まれます。

 

Albert Nieboerさんのツイート: "Prince Carlos de Bourbon de Parme and his family after christening #parma #bourbondeparme #koninklijkefamilie https://t.co/TAvyRkapM7"

 

Marleen van Katwijkさんのツイート: "Koninklijk gezin bij doop Prins Carlos in Parma. Koning is peetvader. https://t.co/sAKuSn6XrB"
https://twitter.com/KatwijkMarleen/status/780017111209050112

 

記事:
 (オランダ語)Prins Carlos jr in Parma gedoopt – Royalty Online
 (オランダ語)ROYALBLOG.NL: Prins Carlos gedoopt in Parma
 (オランダ語)ROYALBLOG.NL: Nieuw hoofdstuk in relatie Bourbons met Parma door doop van prins Carlos
 (オランダ語:映像あり)Video: Koning met gezin bij doop Carlos jr – Blauw Bloed
 (イタリア語)In Duomo il battesimo del Principe Carlo Enrico – Gazzetta di Parma
 (イタリア語)La cerimonia – Foto 1 di 14 – Gazzetta di Parma
 (イタリア語)Il re d'Olanda e altri ospiti blasonati al battesimo del principe Carlo Enrico: le foto – Foto 1 di 26 – Gazzetta di Parma
 (写真)Christening of Prince Carlos de Bourbon de Parme – Monarchy Press Europe
 (写真)PPE Agency
 (英語)Prince Carlos of Bourbon-Parma Baptised in Italy | The Royal Forums

 

参考(ウィキペディア):
 カルロス・ハビエル・デ・ボルボン=パルマ – Wikipedia
 (英語)Carlos, Duke of Parma – Wikipedia, the free encyclopedia
 ブルボン=パルマ家 – Wikipedia
 (英語)House of Bourbon-Parma – Wikipedia, the free encyclopedia
 パルマ公国 – Wikipedia

 オランダ – Wikipedia

 パルマ大聖堂 – Wikipedia

ウィリアム王子殿下一家のカナダ訪問始まる(2016年9月)

 2016年9月24日、イギリス王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下(Prince William : His Royal Highness The Duke of Cambridge)とケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃殿下(Catherine : Her Royal Highness The Duchess of Cambridge : ケイト・ミドルトンKate Middleton)、ケンブリッジ公爵家ジョージ王子殿下(His Royal Highness Prince George of Cambridge)、ケンブリッジ公爵家シャーロット王女殿下(Her Royal Highness Princess Charlotte of Cambridge)のカナダ訪問が始まりました。

 殿下方は、ブリティッシュコロンビア州ヴィクトリアのヴィクトリア国際空港で、カナダ総督デイヴィッド・ジョンストン閣下(His Excellency the Right Honourable David Johnston, C.C., C.M.M., C.O.M., Governor General and Commander-in-Chief of Canada)と夫人のシャロン・ジョンストン閣下(Her Excellency Captain Sharon Johnston CC)、カナダ首相ジャスティン・トルドー閣下(The Right Honourable Justin Trudeau, P.C., M.P.)らの出迎えを受けられたようです。

 また、その後に、ウィリアム王子・キャサリン妃両殿下は、総督閣下夫妻と会談された模様。

 

The Royal Family Channel:
Prince George leaves Justin Trudeau hanging on Canada visit – YouTube

 

Kensington Palaceさんのツイート: "We couldn't have asked for a warmer welcome to Canada from the people of Victoria! #RoyalVisitCanada 🇨🇦 https://t.co/OqSsWX7hcj"

 

CanadianPMさんのツイート: "Prime Minister Justin Trudeau welcomes Their Royal Highnesses, the Duke and Duchess of Cambridge, to Canada: #RoyalTourCanada https://t.co/r2WokfKvvX"

 

David Johnstonさんのツイート: "Following the excitement of the official welcome, Sharon and I met with Their Royal Highnesses. #RoyalTour https://t.co/hzf3wvRZNI"

 

参考(ウィキペディア):
 ウィリアム (ケンブリッジ公) – Wikipedia
 (英語)Prince William, Duke of Cambridge – Wikipedia, the free encyclopedia
 キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人) – Wikipedia
 (英語)Catherine, Duchess of Cambridge – Wikipedia, the free encyclopedia
 ジョージ・オブ・ケンブリッジ – Wikipedia
 (英語)Prince George of Cambridge – Wikipedia, the free encyclopedia
 シャーロット・オブ・ケンブリッジ – Wikipedia
 (英語)Princess Charlotte of Cambridge – Wikipedia, the free encyclopedia
 ウィンザー朝 – Wikipedia
 (英語)House of Windsor – Wikipedia, the free encyclopedia
 イギリス王室 – Wikipedia
 (英語)British Royal Family – Wikipedia, the free encyclopedia
 イギリス – Wikipedia

 デイヴィッド・ロイド・ジョンストン – Wikipedia
 (英語)David Johnston – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:シャロン・ジョンストン)Sharon Johnston – Wikipedia, the free encyclopedia
 ジャスティン・トルドー – Wikipedia
 (英語)Justin Trudeau – Wikipedia, the free encyclopedia

 ビクトリア国際空港 – Wikipedia
 ビクトリア (ブリティッシュコロンビア州) – Wikipedia
 ブリティッシュコロンビア州 – Wikipedia
 カナダ – Wikipedia

佳子内親王殿下が「第3回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」に臨席(2016年9月)

 2016年9月25日、秋篠宮家の佳子内親王殿下(かこ : Her Imperial Highness Princess Kako of Akishino)は、鳥取県倉吉市で開催された「第3回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」に臨席されました。

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
佳子さま手話でごあいさつ “手話甲子園”に出席(16/09/25) – YouTube

 

記事:
 「高校生の姿に感銘」佳子さま、手話であいさつ : 皇室 : 読売詳報_緊急特集グループ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

参考(ウィキペディア):
 佳子内親王 – Wikipedia
 (英語)Princess Kako of Akishino – Wikipedia, the free encyclopedia
 秋篠宮 – Wikipedia
 皇室 – Wikipedia
 (英語)Imperial House of Japan – Wikipedia, the free encyclopedia
 日本 – Wikipedia

結婚(2016年9月24日):ヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー伯子フェルディナント殿下とアナ・トレッポ・フォン・シュロス・ゾンネック嬢

 2016年9月24日、オーストリアで、ヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー伯子フェルディナント殿下(His Illustrious Highness Count Ferdinand of Waldburg zu Wolfegg und Waldsee : フェルディナント・グラーフ・フォン・ヴァルトブルク・ツー・ヴォルフェック・ウント・ヴァルトゼーFerdinand Graf von Waldburg zu Wolfegg und Waldsee)とアナ・トレッポ・フォン・シュロス・ゾンネック嬢(Anna Treppo von Schloss Sonnegg)が結婚された模様です。

 ヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー家はメディアタイズド・ハウス(神聖ローマ帝国領邦国家君主で陪臣化された家)の一つです。

 

記事:
 (ドイツ語)Adelshochzeit in der Stiftskirche Eberndorf « kleinezeitung.at

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ヴァルトブルク=ヴァルトゼー)Waldburg-Waldsee – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:ヴァルトブルク家)House of Waldburg – Wikipedia, the free encyclopedia
 シュタンデスヘル – Wikipedia
 陪臣化 – Wikipedia