ヘンリー王子殿下がアメリカ大統領オバマ閣下を訪問(2015年10月)

 2015年10月28日、イギリス王室のウェールズ公家ヘンリー王子殿下(His Royal Highness Prince Henry of wales : プリンス・ハリーPrince Harry)は、アメリカ合衆国大統領バラク・フセイン・オバマ閣下(The Honorable Barack H Obama)を訪問されました。

 

ホワイトハウス公式チャンネル:
The President Meets with His Royal Highness Prince Harry of the United Kingdom – YouTube

 

 (写真一覧)の写真 | Getty Images

President Obama Welcomes UK's Prince Harry To White House | Getty Images

 

参考(ウィキペディア):
 ヘンリー・オブ・ウェールズ – Wikipedia
 (英語)Prince Harry – Wikipedia, the free encyclopedia
 ウィンザー朝 – Wikipedia
 (英語)House of Windsor – Wikipedia, the free encyclopedia
 イギリス王室 – Wikipedia
 (英語)British Royal Family – Wikipedia, the free encyclopedia
 イギリス – Wikipedia

 バラク・オバマ – Wikipedia
 (英語)Barack Obama – Wikipedia, the free encyclopedia
 アメリカ合衆国 – Wikipedia

バーレーン王室ハリーファ家のサルマーン・ビン・イブラヒム閣下(AFC会長)がFIFA会長選挙立候補へ(2015年10月)

 バーレーン王室ハリーファ家の一員でアジアサッカー連盟(AFC)会長の“シャイフ”・サルマーン・ビン・イブラヒム・アル・ハリーファ閣下(His Excellency Shaikh Salman bin Ibrahim Al-Khalifa)が、国際サッカー連盟(FIFA)会長選挙に立候補する模様。

 

記事:
 (英語:AFC公式サイト)Press statement on behalf of Shaikh Salman bin Ebrahim Al Khalifa | AFC
 (英語)Bahrain News Agency | Shaikh Salman bin Ibrahim to run for FIFA presidency
 (英語)Sheikh Salman formally submits candidature for Fifa presidency | Football | The Guardian
 サルマンAFC会長「FIFAを正しい道に戻す」―次期会長選出馬へ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:サルマーン・ビン・イブラヒム・アル・ハリーファ)Salman Bin Ibrahim Al-Khalifa – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:ハリーファ家)House of Khalifa – Wikipedia, the free encyclopedia
 バーレーン – Wikipedia

 アジアサッカー連盟 – Wikipedia

訃報(2015年10月21日):イギリスの第8代(かつ第7代)マンスフィールド伯爵ウィリアム・マレー閣下、薨去(1930~2015)

 2015年10月21日、イギリスのグレート・ブリテン貴族、第8代(かつ第7代)マンスフィールド伯爵ウィリアム・マレー閣下(William Murray, 8th【7th】 Earl of Mansfield)が薨去された模様です。歴代数が二つあるのは、同名の伯爵号を二つ保有(いずれもグレート・ブリテン貴族)していたからです。
 1930年7月7日生まれの85歳。
 スコットランド貴族のストーモント子爵号なども保有していました。

 薨去に伴い、子息のストーモント子爵アレクサンダー・マレーAlexander Murray, Viscount Stormont)が爵位などを継承するものと思われます。

 ご冥福をお祈りいたします。

 

記事:
 (英語)Earl of Mansfield dies peacefully at Logie House, Logiealmond. He was 85. – Daily Record
 (英語)Peerage News: The Earl of Mansfield & Mansfield 1930-2015

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:第8代マンスフィールド伯爵ウィリアム・マレー)William Murray, 8th Earl of Mansfield and Mansfield – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:マンスフィールド伯爵)Earl of Mansfield – Wikipedia, the free encyclopedia

 グレートブリテン貴族 – Wikipedia
 スコットランド貴族 – Wikipedia

UAE/アブダビ皇太子ムハンマド殿下がロシア大統領プーチン閣下と会談(2015年10月)

 2015年10月11日、F1グランプリにあわせて、ロシア連邦のソチで、アラブ首長国連邦軍副最高司令官/アブダビ皇太子“シャイフ”・ムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン殿下(モハメド皇太子 : His Highness General Sheikh Mohammed bin Zayed Al Nahyan, Crown Prince of Abu Dhabi)は、ロシア連邦大統領ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン閣下(His Excellency Mr Vladimir Vladimirovich Putin)と会談されました。

 

Ruptly TV:
Russia: Putin meets Crown Prince of Abu Dhabi on sidelines of Russian Grand Prix – YouTube

 

記事:
 (英語:ロシア大統領府【クレムリン】公式サイト)Meeting with Crown Prince of Abu-Dhabi Mohammed Al Nahyan • President of Russia
 (英語)Mohamed bin Zayed, Putin discuss bilateral relations and regional issues /Final add/ | WAM

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン)Mohammed bin Zayed Al Nahyan – Wikipedia, the free encyclopedia
 ナヒヤーン家 – Wikipedia
 (英語)Al Nahyan family – Wikipedia, the free encyclopedia
 アブダビ – Wikipedia
 アラブ首長国連邦 – Wikipedia

 ウラジーミル・プーチン – Wikipedia
 (英語)Vladimir Putin – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア – Wikipedia

訃報(2015年10月9日):イギリスの一代貴族、ハウ・オブ・アベラヴォン男爵ジェフリー・ハウ閣下、卒去(1926~2015)財務大臣・外務大臣などを歴任

 2015年10月9日、イギリスの一代貴族、ハウ・オブ・アベラヴォン男爵ジェフリー・ハウ閣下(Geoffrey Howe, Baron Howe of Aberavon : ハウ・オブ・アベラヴォン卿 : The Right Honourable The Lord Howe of Aberavon CH QC PC)が卒去された模様です。
 1926年12月20日生まれの88歳。

 保守党の重鎮で、
 1964年~1966年、1970年~1992年に庶民院(下院)議員、
 1979年~1983年に財務大臣(第二大蔵卿)、
 1983年~1989年に外務・英連邦大臣、
 1989年~1990年に副首相、庶民院院内総務、枢密院議長、
 を務め、
 1992年6月30日に一代貴族「ハウ・オブ・アベラヴォン男爵(Baron Howe of Aberavon)」に叙されました。

 ご冥福をお祈りします。

 

記事:
 (英語)Geoffrey Howe, former Conservative chancellor, dies aged 88 – BBC News

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ジェフリー・ハウ)Geoffrey Howe – Wikipedia, the free encyclopedia
 一代貴族 – Wikipedia