訃報(2015年9月29日):歴史学者のプロイセン王子フリードリヒ・ヴィルヘルム殿下が薨去(1939~2015)

 2015年9月29日、歴史学者のプロイセン王子フリードリヒ・ヴィルヘルム殿下(His Royal Highness Prince Friedrich Wilhelm of Prussia : フリードリヒ・ヴィルヘルム・プリンツ・フォン・プロイセンFriedrich Wilhelm Prinz von Preußen)が薨去された模様です。
 1939年2月9日(2月10日?)生まれの76歳。

 プロイセン王室ホーエンツォレルン家の直系の長男でしたが、貴賤結婚により権利放棄(後に権利を巡って騒動となりました)、現在は甥(弟の息子)のゲオルク・フリードリヒ殿下が王室当主となっています。

 ご冥福をお祈りいたします。

 

Friedrich Wilhelm van Pruisen (1966).jpg
Friedrich Wilhelm van Pruisen (1966)” by Eric Koch / Anefo – Nationaal Archief. Licensed under CC BY-SA 3.0 nl via Wikimedia Commons.

 

記事:
 (ドイツ語)Preußen-Prinz Friedrich Wilhelm ist tot
 (ドイツ語)Friedrich Wilhelm von Preußen (†76): Der Urenkel des letzten deutschen Kaisers ist tot | BUNTE.de
 (ドイツ語)Urenkel von Kaiser Wilhelm II. gestorben – B.Z. Berlin
 (英語)Trond Norén Isaksen: At the road's end: Prince Friedrich Wilhelm of Prussia (1939-2015), historian
 (英語)Royal Musings: Royal death: HRH Prince Friedrich Wilhelm of Prussia
 (英語)Royal Musings: Prince Friedrich Wilhelm of Prussia in photos
 (英語)Royal Musings: more photos of Prince Friedrich Wilhelm of Prussia
 (英語)Eurohistory: + Prince Friedrich Wilhelm of Prussia (1939-2015)
 (英語)Royal Travel and Events Blog: † Prince Friedrich Wilhelm of Prussia

 

参考(ウィキペディア):
 (ドイツ語:フリードリヒ・ヴィルヘルム・プリンツ・フォン・プロイセン)Friedrich Wilhelm Prinz von Preußen (Historiker) – Wikipedia
 (父)ルイ・フェルディナント・フォン・プロイセン (1907-1994) – Wikipedia
 (父:英語)Louis Ferdinand, Prince of Prussia – Wikipedia, the free encyclopedia
 ホーエンツォレルン家 – Wikipedia
 プロイセン王国 – Wikipedia

チベット仏教/ダライ・ラマ法王14世猊下が検査入院(2015年9月)

 チベット仏教のダライ・ラマ法王14世猊下(His Holiness the 14th Dalai Lama)が、アメリカ合衆国ミネソタ州のメイヨー・クリニックに検査入院されたそうです。

 

記事:
 CNN.co.jp : ダライ・ラマ、米ミネソタ州の病院に入院

 

参考(ウィキペディア):
 ダライ・ラマ14世 – Wikipedia
 (英語)14th Dalai Lama – Wikipedia, the free encyclopedia

 メイヨー・クリニック – Wikipedia

ロシアでニコライ2世夫妻の遺体を再発掘、ロシア正教会が子供2人の遺骨確定を求めたため(2015年9月)

 CNN.co.jp : ロシア皇帝ニコライ2世の遺体を再発掘、子どもの身元照合で

 

 ロシアでニコライ2世夫妻の遺体を再発掘したそうです。子供2人(マリア大公女とアレクセイ皇太子)の遺骨の身元の確定のためだとか。

今年7月、ロシア正教会の求めにより、さらなる調査が命じられたという。2人も聖人に認定される可能性が高いとみられるが、遺骨が間違いなく本物であることを確認したいというのが教会関係者の意向だ。

 うーむ、教会も慎重ですな。身元詐称者が出た一家なので、当然と言えば当然ですが。

 

参考(ウィキペディア):
 ニコライ2世 – Wikipedia
 (英語)Nicholas II of Russia – Wikipedia, the free encyclopedia
 アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ2世皇后) – Wikipedia
 (英語)Alexandra Feodorovna (Alix of Hesse) – Wikipedia, the free encyclopedia
 マリア・ニコラエヴナ (ニコライ2世皇女) – Wikipedia
 (英語)Grand Duchess Maria Nikolaevna of Russia (1899–1918) – Wikipedia, the free encyclopedia
 アレクセイ・ニコラエヴィチ (ロシア皇太子) – Wikipedia
 (英語)Alexei Nikolaevich, Tsarevich of Russia – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロマノフ朝 – Wikipedia
 ロマノフ家 – Wikipedia

UAE/ドバイ首長ムハンマド殿下が、薨去した長男ラーシド殿下への弔問を受ける(2015年9月)

 アラブ首長国連邦副大統領・首相/ドバイ首長“シャイフ”・ムハンマド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム殿下(シェイク・モハメド : His Highness Sheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum, Ruler【Emir】 of Dubai)は、2015年9月19日に薨去された長男“シャイフ”・ラーシド・ビン・ムハンマド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム殿下(シェイク・ラシード : His Highness Sheikh Rashid bin Mohammed bin Rashid Al Maktoumへの弔問を受けています。
 UAE内の各首長国の方々、各国の王族や大統領などの政治指導者らの姿が見えます。

 

HH Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum:
محمد بن راشد يستقبل عددا من الرؤساء والزعماء العرب والأجانب للعزاء في وفاة نجله "راشد" – YouTube

HH Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum:
‫محمد بن راشد يتقبل تعازي أمير قطر وعدد من الوفود في وفاة نجله "راشد"‬‎ – YouTube

 

記事:
 (英語:ムハンマド殿下公式サイト)News – Mohammed bin Rashid accepts condolences from world leaders
 (英語:ムハンマド殿下公式サイト)News – Mohammed receives condolences from Emir of Qatar and other officials

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ラーシド・ビン・ムハンマド・アル・マクトゥーム)Rashid bin Mohammed Al Maktoum – Wikipedia, the free encyclopedia
 ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム – Wikipedia
 (英語)Mohammed bin Rashid Al Maktoum – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:アル・マクトゥーム家)Al Maktoum – Wikipedia, the free encyclopedia
 ドバイ – Wikipedia
 アラブ首長国連邦 – Wikipedia

訃報(2015年9月19日):UAE/ドバイ首長の長男ラーシド・ビン・ムハンマド殿下が薨去(1981~2015)

 2015年9月19日、アラブ首長国連邦副大統領・首相/ドバイ首長“シャイフ”・ムハンマド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム殿下(シェイク・モハメド : His Highness Sheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum, Ruler【Emir】 of Dubai)の長男である“シャイフ”・ラーシド・ビン・ムハンマド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム殿下(シェイク・ラシード : His Highness Sheikh Rashid bin Mohammed bin Rashid Al Maktoum)が、心臓発作で薨去された模様。
 1981年11月12日生まれの33歳(34歳との報道あり)。

 ご冥福をお祈りいたします。

関連:
 UAE/ドバイ首長ムハンマド殿下が、薨去した長男ラーシド殿下への弔問を受ける(2015年9月)

 

記事:
 (英語)Dubai Ruler's Court mourns dearth of Sheikh Rashid bin Mohammed bin Rashid Al Maktoum | WAM
 (英語)Shaikh Rashid Bin Mohammad dies of heart attack | GulfNews.com
 (英語)Sheikh Mohammed's son Rashid dies of heart attack – Emirates 24|7
 (英語)Rashid bin Mohammed bin Rashid Al Maktoum passes away… | GCC Daily – Discover the Gulf Web

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ラーシド・ビン・ムハンマド・アル・マクトゥーム)Rashid bin Mohammed Al Maktoum – Wikipedia, the free encyclopedia
 (父)ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム – Wikipedia
 (英語:父)Mohammed bin Rashid Al Maktoum – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:アル・マクトゥーム家)Al Maktoum – Wikipedia, the free encyclopedia
 ドバイ – Wikipedia
 アラブ首長国連邦 – Wikipedia