訃報(2013年5月23日):ヘッセン方伯モーリッツ殿下、薨去(1926~2013)

 2013年5月23日、ヘッセン方伯モーリッツ殿下(Moritz : His Royal Highness The Landgrave of Hesse)が薨去されました。
 1926年8月6日生まれの86歳。

 ヘッセン選帝侯位およびヘッセン大公位の継承者でした。
 また、フィンランド王カールレ1世の孫として、フィンランド王位継承者とみる人もいます。
 薨去に伴い、ヘッセン両位の継承権は長男のドナトゥス殿下に移ります(フィンランド王位も)。

 ご冥福をお祈りいたします。

 

記事:
 (ドイツ語)AKTUELL! Landgraf MORITZ VON HESSEN am Nachmittag 86-jährig verstorben
 (ドイツ語)Aktuell – Landgraf Moritz von Hessen ist tot – Lungenleiden
 (英語)Moritz, Landgrave of Hesse Has Died | The Royal Forums
 (英語)Royal Travel and Events Blog: † Landgrave Moritz of Hesse
 (英語)Peerage News: Moritz Friedrich Karl Emanuel Humbert, Langrave of Hesse 1926-2013
 Royal Musings: The funeral of Landgrave Moritz of Hesse
 (ルーマニア語:ラドゥ王子殿下のブログ)Principele Moritz, Landgraf de Hesse, In Memoriam | Familia Regală a României / Royal Family of Romania

 (フィンランド語:“フィランド王、死す”というようなタイトルで、記事も歴史を絡めて長いです)"Suomen kuningas" kuoli – Suomenkuvalehti.fi

 

参考(ウィキペディア):
 モーリッツ・フォン・ヘッセン – Wikipedia
 (英語)Moritz, Landgrave of Hesse – Wikipedia
 ハインリヒ・ドナトゥス・フォン・ヘッセン – Wikipedia
 (英語)Donatus, Landgrave of Hesse – Wikipedia
 ヘッセン家 – Wikipedia
 (英語)House of Hesse – Wikipedia
 (英語:ヘッセン選帝侯国)Electorate of Hesse – Wikipedia

ユーゴスラヴィア王子アンドレイ殿下の遺体が改葬のためセルビアに到着(2013年5月)キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下が礼拝

 1990年にアメリカ合衆国で薨去された旧ユーゴスラヴィア王室(セルビア王室)のユーゴスラヴィア王子アンドレイ殿下(His Royal Highnesss Prince Andrew of Yugoslavia)の遺体が改葬のためセルビア共和国に到着しました。
 空港では、
 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラヴィア王室のユーゴスラヴィア王太子アレクサンダル2世殿下(アレクサンダル2世皇太子 : His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)とユーゴスラヴィア王太子妃カタリナ殿下(カタリナ皇太子妃 : Her Royal Highness Crown Princess Katherine of Yugoslavia / Serbia)、
 ユーゴスラヴィア王子カール・ヴラディーミル殿下(His Royal Highness Prince Karl Vladimir of Yugoslavia / Serbia)、
 ユーゴスラヴィア王子ディミトリ殿下(His Royal Highness Prince Dimitri of Yugoslavia / Serbia)、
 ユーゴスラヴィア王女ラヴィニア・マリー殿下(His Royal Highness Princess Lavinia Marie of Yugoslavia / Serbia)、
 ルカ・プリチャード=レヴィー氏(Luca Prichard-Levy)、
 ユーゴスラヴィア王女イェリサヴェータ殿下(Her Royal Highness Princess Elizabeth of Yugoslavia / Serbia)、
 ユーゴスラヴィア王子ジョルジェ殿下(His Royal Highness Prince George of Yugoslavia / Serbia)、
 ユーゴスラヴィア王子ミハイロ殿下(His Royal Highness Prince Michael of Yugoslavia / Serbia)、
 インディア・オクセンバーグIndia Oxenberg
 キリスト教/東方正教会/セルビア正教会ハヴォスノ主教アタナシイェ座下(セルビア総主教補佐主教 : His Grace Bishop Atanasije of Hvosno, Vicar to Serbian Patriarch)、
 セルビア共和国政府関係者、
 らが出迎えました。

 キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/ペーチ大主教・ベオグラード=カルロヴツィ府主教・セルビア総主教イリネイ聖下(His Holiness Irinej, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade-Karlovci and Serbian Patriarch)による礼拝がおこなわれたようです。

 

RoyalSerbianChannel(セルビア王室公式チャンネル):
Zemni ostaci NJ.K.V. Kraljevića Andreja vraćeni u Srbiju – YouTube

 

記事:
 (英語:セルビア王室公式サイト)HRH Prince Andrej returns to Serbia | The Royal Family of Serbia
 (英語:セルビア王室公式サイト)HRH Prince Andrej returns to Serbia | The Royal Family of Serbia
 (英語:セルビア正教会総主教庁公式サイト)Prince Andrej’s Remains Return to Serbia | Serbian Orthodox Church [Official web site]
 (英語)Prince Andrej’s Remains Return to Serbia – News | Orthodoxy Cognate PAGE

 

参考(ウィキペディア):
 アンドレイ・カラジョルジェヴィチ – Wikipedia
 (英語)Prince Andrew of Yugoslavia – Wikipedia

 アレクサンダル2世カラジョルジェヴィチ – Wikipedia
 (英語)Alexander, Crown Prince of Yugoslavia – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:ユーゴスラヴィア王太子妃カタリナ)Katherine, Crown Princess of Yugoslavia – Wikipedia, the free encyclopedia
 カラジョルジェヴィチ家 – Wikipedia
 (英語)Karađorđević dynasty – Wikipedia
 ユーゴスラビア – Wikipedia
 セルビア – Wikipedia

 (英語:セルビア総主教イリネイ)Patriarch Irinej of Serbia – Wikipedia, the free encyclopedia
 セルビア正教会 – Wikipedia
 (英語)Serbian Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 セルビア – Wikipedia

ベルギーの雑誌がベルギー王アルベール2世陛下の退位の噂を(2013年5月)

 Royal Musingsによると、ベルギーの雑誌「Soir」がアルベール2世陛下の退位のを報じているとしています。
 ただの噂ですが、陛下は7月20日(ナショナル・デー前日)に退位し、11月15日(キングズ・デー)に長男のブラバント公爵フィリップ王子殿下が即位する、としています。

 

記事:
 (フランス語)Philippe nouveau Roi des Belges le 15 novembre? – 7SUR7.be
 (英語)Royal Musings: King Albert of the Belgians to abdicate?

 

参考(ウィキペディア):
 アルベール2世 (ベルギー王) – Wikipedia
 (英語)Albert II of Belgium – Wikipedia, the free encyclopedia
 フィリップ (ベルギー王) – Wikipedia
 (英語)Philippe of Belgium – Wikipedia, the free encyclopedia
 ザクセン=コーブルク=ゴータ家 – Wikipedia
 (英語)House of Saxe-Coburg and Gotha – Wikipedia, the free encyclopedia
 ベルギー – Wikipedia

UAE/ドバイ首長ムハンマド殿下が、イスラム教スンナ派/アル=アズハル・モスク大イマームのタイーブ師と会見(2013年5月)

 2013年5月14日、アラブ首長国連邦(UAE)副大統領・首相/ドバイ首長“シャイフ”・ムハンマド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム殿下(シェイク・モハメド : His Highness Sheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum, Ruler【Emir】 of Dubai)は、イスラム教スンナ派/アル=アズハル・モスク大イマーム/“シャイフ”・アフマド・ムハンマド・エル=タイーブ師(His Excellency Sheikh Ahmad Muhammad el-Tayeb, Grand Imam of the al-Azhar Mosque)と会見されました。

 

HH Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum(“シャイフ”・ムハンマド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム殿下公式チャンネル):
‫محمد بن راشد يستقبل شيخ الأزهر الشريف‬‎ – YouTube

 

参考(ウィキペディア):
 ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム – Wikipedia
 (英語)Mohammed bin Rashid Al Maktoum – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:アル・マクトゥーム家)Al Maktoum – Wikipedia, the free encyclopedia
 ドバイ – Wikipedia
 アラブ首長国連邦 – Wikipedia

 (英語:アフマド・エル=タイーブ)Ahmed el-Tayeb – Wikipedia, the free encyclopedia

動画:ルーマニア王太子マルガレータ殿下へのインタビュー、など(2013年5月)

 (旧)ルーマニア王室のルーマニア王太子マルガレータ殿下(マルガレータ皇太子マルガレータ王女 : Her Royal Highness Crown Princess Margareta of Romania, Custodian of the Romanian Crown)と夫のルーマニア王子ラドゥ殿下(His Royal Highness Prince Radu of Romania)へのインタビューなどの動画をそれぞれ貼っておきます。

 

CasaRegalaaRomaniei:
Trebuie să ne facem cunoscută istoria – interviu cu Principesa Moștenitoare Margareta, Digi 24 TV – YouTube

 

CasaRegalaaRomaniei:
Convorbiri esențiale, ediție specială de 10 Mai. Digi 24 TV – YouTube

 

参考(ウィキペディア):
 マルガレータ・ドゥダ – Wikipedia
 (英語)Princess Margareta of Romania – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:ルーマニア王子ラドゥ)Prince Radu of Romania – Wikipedia, the free encyclopedia
 ルーマニア王国 – Wikipedia
 (英語)Kingdom of Romania – Wikipedia
 ルーマニア – Wikipedia