ルーマニア王太子マルガレータ殿下夫妻が、マルタ騎士団総長マシュー・フェスティング殿下を訪問(2012年10月)

 2012年10月29日、(旧)ルーマニア王室のルーマニア王太子マルガレータ殿下(マルガレータ皇太子マルガレータ王女 : Her Royal Highness Crown Princess Margareta of Romania, Custodian of the Romanian Crown)と夫のルーマニア王子ラドゥ殿下(His Royal Highness Prince Radu of Romania)は、第79代マルタ騎士団総長“フラー”・マシュー・フェスティング殿下(His Most Eminent Highness Fra’ Matthew Festing, Prince and Grand Master of the Order of Malta)を訪問されたようです。

 

記事:
 (ルーマニア語:ルーマニア王室公式ニュース配信サイト)Vizită la Ordinul Suveran de Malta, 29 octombrie 2012 | Familia Regală a României / Royal Family of Romania

 

参考(ウィキペディア):
 マルガレータ・ドゥダ – Wikipedia
 (英語)Princess Margareta of Romania – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:ルーマニア王子ラドゥ)Prince Radu of Romania – Wikipedia, the free encyclopedia
 ルーマニア王国 – Wikipedia
 (英語)Kingdom of Romania – Wikipedia
 ルーマニア – Wikipedia

 (英語:マシュー・フェスティング)Matthew Festing – Wikipedia, the free encyclopedia
 マルタ騎士団 – Wikipedia
 (英語)Sovereign Military Order of Malta – Wikipedia, the free encyclopedia

結婚式(2012年10月19日~10月20日):ルクセンブルク大公世子ギヨーム殿下とステファニー・ド・ラノワ伯爵女

 2012年10月19日(民事婚)~10月20日(キリスト教/ローマ・カトリック教会の宗教結婚式)、ルクセンブルク大公世子ギヨーム殿下(ギヨーム皇太子Guillaume : His Royal Highness The Hereditary Grand Duke of Luxembourg)とステファニー・ド・ラノワ伯爵女(Countess Stephanie de Lannoy)の結婚式が執り行われました。
 20日は、ローマ・カトリック教会のルクセンブルク大司教ジャン=クロード・オロリッシュ(ホレリッヒ)座下が司式。

 

出席者(一部)/

 皇室(日本国):
 皇太子(徳仁親王)殿下

 イギリス王室(ウィンザー家):
 ウェセックス伯爵エドワード王子殿下とウェセックス伯爵夫人ソフィー妃殿下

 オランダ王室(オランニェ=ナッサウ家):
 オランダ女王ベアトリクス陛下
 オランニェ公ウィレム=アレクサンダー皇太子殿下とマクシマ皇太子妃殿下

 スウェーデン王室(ベルナドッテ家):
 スウェーデン王妃シルヴィア陛下
 スウェーデン王太子ヴィクトリア殿下(ヴェステルイェートランド女公爵)とスウェーデン王子ダニエル殿下(ヴェステルイェートランド公爵)
 スウェーデン王子カール・フィリップ殿下(ヴェルムランド公爵)

 スペイン王室(ブルボン家):
 アストゥリアス公(フェリペ皇太子)殿下とアストゥリアス公妃(レティシア皇太子妃)殿下

 デンマーク王室(グリュックスブルク家):
 デンマーク女王マルグレーテ2世陛下と王子配ヘンリク殿下
 デンマーク王太子フレデリク殿下と王太子妃メアリー殿下
 ローセンボー伯爵子アクセルとローセンボー伯爵子夫人ユッタ

 ノルウェー王室(グリュックスブルク家):
 ノルウェー王ハーラル5世陛下とノルウェー王妃ソニア陛下
 ノルウェー王太子ホーコン殿下とノルウェー王太子妃メッテ=マリット殿下
 ノルウェー王女マッタ・ルイーセ殿下

 ベルギー王室(ベルギー家):
 ベルギー王未亡人ファビオラ陛下
 ベルギー王アルベール2世陛下と王妃パオラ陛下
 ブラバント公爵フィリップ殿下とマティルド妃殿下
 ベルギー王女アストリッド殿下とベルギー王子/オーストリア=エステ大公ローレンツ殿下(ハプスブルク家)
  ベルギー王子/オーストリア=エステ大公アメデオ殿下
 ベルギー王子ローラン殿下と王子妃クレア殿下

 モナコ公室(旧ハノーファー王室):
 ハノーファー公妃/モナコ公女カロリーヌ殿下

 リヒテンシュタイン公室(リヒテンシュタイン家):
 リヒテンシュタイン公ハンス=アダム2世殿下と公妃マリー殿下
 リヒテンシュタイン公子妃イザベレ殿下
 リヒテンシュタイン公子ヴェンツェスラウス殿下
 リヒテンシュタイン公女ノルベルタ殿下(マリーニョ侯爵夫人)【ノーラ・フォン・リヒテンシュタイン

 モロッコ王室(アラウィー家):
 “ラーラ”・サルマ妃殿下

 ヨルダン王室(ハーシム家):
 ヨルダン王子ハッサン殿下(元・王太子)と王子妃サーヴァス殿下
 ヨルダン王子ラーシド・ビン・アル・ハッサン殿下と王子妃ゼイナ・ラーシド殿下(ゼイナ・シャバン

 カタール公室(サーニー家):
 “シャイハ”・アル=マヤッサ・ビント・ハマド・ビン・ハリーファ・アル・サーニー閣下
 カタール国首相“シャイフ”・ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アル・サーニー閣下

 (旧)イタリア王室(サヴォイア家):
 ヴェネツィア=ピエモンテ公(ベネチア=ピエモンテ公)エマヌエーレ・フィリベルト殿下と公妃クロティルド殿下

 (旧)ヴュルテンベルク王室(ヴュルテンベルク家):
 ヴュルテンベルク公女マティルデ殿下(ヴァルトブルク=ツァイル=トラウフブルク伯世子妃)

 (旧)オーストリア帝室(ハプスブルク家):
 オーストリア=エステ大公女マリア・ベアトリクス殿下(アルコ=ツィンネベルク伯爵子夫人)
  アルコ=ツィンネベルク伯爵女アンナ
  アルコ=ツィンネベルク伯爵女オリンピア
 オーストリア=エステ大公マルティン殿下と大公妃カタリナ殿下(イーゼンブルク公女)
 オーストリア=エステ大公女イザベラ殿下とチャルノツキ=ルケスキ伯爵子アンドレア

 オーストリア大公イシュトヴァン殿下と大公妃パオラ殿下
 オーストリア大公妃ヨランド殿下(リーニュ公女)
  オーストリア大公ルドルフ殿下と大公妃マリー=エレーヌ殿下
   オーストリア大公女プリシラ殿下
  オーストリア大公女マリア=アンナ殿下とピョートル・ゴリツィン公子
  オーストリア大公カール・ペーター殿下と大公妃アレクサンドラ殿下(ヴレーデ公女)
  オーストリア大公ジメオン殿下と大公妃マリア殿下(ブルボン=両シチリア王女)
  オーストリア大公女カタリナ=マリア殿下(セッコ・ディ・アラゴーナ伯爵子夫人)とマッシミリアーノ・セッコ・ディ・アラゴーナ伯爵子
 オーストリア大公ミハエル殿下と大公妃クリスティーナ殿下(レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク公女)

 (旧)ギリシャ王室(グリュックスブルク家):
 旧ギリシャ王コンスタンティノス2世陛下と王妃アンナ=マリア陛下
 旧ギリシャ王太子パウロス殿下と王太子妃マリー=シャンタル殿下

 (旧)バーデン大公室
 バーデン辺境伯マクシミリアン殿下とバーデン辺境伯妃ヴァレリー殿下(トスカナ大公室系ハプスブルク家)
 バーデン大公世子ベルンハルト殿下とバーデン大公世子妃シュテファニー殿下

 (旧)バイエルン王室(ヴィッテルスバッハ家):
 バイエルン王子/バイエルン公(in)マックス殿下とエリザベート妃殿下
 バイエルン王子ルートヴィヒ殿下(1982年生まれ)

 (旧)パルマ公室(ブルボン=パルマ家):
 パルマ公カルロス殿下とパルマ公妃アンネマリー殿下
 パルマ公女マリー・フランソワーズ殿下(ロプコヴィッツ公子妃マリア・フランツィスカ殿下)と子息のロプコヴィッツ公子シャルル=アンリ殿下

 (旧)フランス王室(オルレアン派):
 ヴァンドーム公爵ジャン公子殿下と公爵夫人フィロメナ妃殿下

 (旧)フランス帝室(ナポレオン家/ボナパルト家):
 ナポレオン公ジャン=クリストフ殿下

 (旧)ブルガリア王室(ザクセン=コーブルク=ゴータ家):
 旧ブルガリア王シメオン2世陛下と旧ブルガリア王妃マルガリータ陛下
 タルノヴォ公妃/ブルガリア王子妃ミリアム殿下
 プレスラフ公/ブルガリア王子キリル殿下

 (旧)プロイセン王室(ホーエンツォレルン家)【ドイツ帝室】:
 プロイセン公ゲオルク・フリードリヒ殿下
 プロイセン王女アナスタージア殿下(レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク公妃)とレーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク公アロイス=コンスタンティン殿下

 (旧)ポルトガル王室(ブラガンサ家):
 ポルトガル王室当主/ブラガンサ公爵ドゥアルテ・ピオ殿下とブラガンサ公爵夫人イザベル妃殿下

 (旧)ユーゴスラヴィア王室【セルビア王室】(カラジョルジェヴィッチ家):
 ユーゴスラヴィア王太子アレクサンダル2世殿下と王太子妃カタリナ殿下

 (旧)ルーマニア王室(ルーマニア家):
 ルーマニア王太子マルガレータ殿下とルーマニア王子ラドゥ殿下

 アーレンベルク家:
 アーレンベルク公子妃ダイネ殿下(スポールベルク子爵女)

 ヴィンディシュ=グレーツ家:
 ヴィンディシュ=グレーツ公マリアノ=ヒューゴー殿下と公妃ゾフィー殿下(オーストリア帝室ハプスブルク家出身)

 クロイ家:
 クロイ公未亡人ガブリエレ殿下(バイエルン王女)
 クロイ公ルドルフ殿下とクロイ公妃アレクサンドラ殿下(ミロラドヴィチ伯爵女)

 ザイン各家:
 ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公女アレクサンドラ殿下とプファイル=クライン=エルグートゥ伯爵子ジェファーソン
 ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ザイン公アレクサンダー殿下と公妃ガブリエラ殿下

 シュトルベルク=シュトルベルク家:
 シュトルベルク=シュトルベルク公ヨスト=クリスティアン殿下と公妃ジルヴィアンネ殿下
 シュトルベルク=シュトルベルク公女ルイーゼ殿下
 
 イギリス貴族:
 ブラボーン男爵夫人ペネロピ閣下

 ベルギー貴族
 メロード公子シャルル=ルイと公子妃クロティルド(ウルトゥルモン伯爵女)
 メロード公女ブランシュフィリップ・フライヘル・フォン・ウント・ツー・ボートマン

 

記事:
 ルクセンブルク皇太子、ベルギー貴族女性と挙式 写真4枚 国際ニュース : AFPBB News
 欧州最後の独身皇位継承者 ルクセンブルクのギョーム皇太子結婚 (フォト): The Voice of Russia
 皇太子殿下 ルクセンブルクご訪問を終えて – 宮内庁
 (英語 写真多数)Prince Guillaume marries Countess Stephanie de Lannoy in Luxembourg | Mail Online
 (英語)Luxembourg’s royal wedding draws regal guest list – Telegraph
 (英語)Wort.lu – The official Royal Wedding photo has arrived
 (英語)Guillaume & Stéphanie Married in Civil Ceremony | The Royal Forums
 (英語)Wedding of Hereditary Grand Duke Guillaume of Luxembourg and Countess Stéphanie de Lannoy | The Royal Forums
 (英語)Scandinavian Royals: Sweden/Norway: Wedding in Luxembourg
 (英語)Scandinavian Royals: Sweden: Silvia, Victoria & Daniel at Gala Dinner in Luxembourg
 (英語)Wedding of Hereditary Grand Duke Guillaume and Countess Stéphanie de Lannoy | The Royal Universe
 (英語)Dag Trygsland Hoelseth: Hereditary Grand Duke Guillaume and Countess Stéphanie de Lannoy married
 (英語)Royal wedding at Luxemburg: a small report ? NettyRoyal
 (オランダ語)NOS Nieuws – Huwelijk Guillaume en Stéphanie
 (オランダ語)NOS Nieuws – Royalty bij huwelijk Luxemburg
 (ルーマニア語:ラドゥ王子殿下ブログ)Căsătorie regală la Luxemburg | Familia Regală a României / Royal Family of Romania
 (フランス語:ルクセンブルク大公国政府公式サイト)Mariage de S.A.R. le Grand-Duc héritier avec la comtesse Stéphanie de Lannoy

 

Europe’s royals attend lavish wedding in Luxembourg

 

NOS Nieuws – Huwelijksdag Guillaume en Stéphanie afgesloten met balkonkus

 

NOS Nieuws – Guillaume spreekt zegenwens uit

 

NOS Nieuws – Guillaume en Stéphanie geven elkaar het ja-woord

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:ルクセンブルク大公世子ギヨーム殿下とステファニー・ド・ラノワ伯爵女の結婚式)Wedding of Guillaume, Hereditary Grand Duke of Luxembourg, and Countess Stéphanie de Lannoy – Wikipedia
 ギヨーム・ド・リュクサンブール – Wikipedia
 (英語)Guillaume, Hereditary Grand Duke of Luxembourg – Wikipedia, the free encyclopedia
 ステファニー・ド・ラノワ – Wikipedia
 (英語)Stéphanie, Hereditary Grand Duchess of Luxembourg – Wikipedia, the free encyclopedia
 ブルボン=パルマ家 – Wikipedia
 (英語)House of Bourbon-Parma – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:ルクセンブルク大公室)Grand Ducal Family of Luxembourg – Wikipedia, the free encyclopedia
 ルクセンブルク – Wikipedia

 ジャン=クロード・オロリッシュ – Wikipedia
 (英語)Jean-Claude Hollerich – Wikipedia, the free encyclopedia

訃報(2012年10月9日):パディ・ロイ・ベーツ氏(自称シーランド公)、死去(1921~2012)

 2012年10月9日、海上要塞を領土と主張する自称国家シーランド公国の君主としてシーランド公ロイ殿下を称していたパディ・ロイ・ベーツ氏(Paddy Roy Bates : His Royal Highness Prince Roy, The Prince of Sealand)が死去した模様です。
 1921年8月29日生まれの91歳。

 息子のマイケル・ベーツ氏(シーランド公太子マイケル殿下 : Michael Bates : His Royal Highness Crown Prince Michael of Sealand)が後を継ぐものと思われますが、具体的にどうなるかはわかりません。

 ご冥福をお祈りします。

 

記事:
 (英語)'Prince Roy of Sealand' Roy Bates Dead at 91 – ABC News
 (英語)Prince Roy of Sealand – Telegraph

 

参考(ウィキペディア):
 パディ・ロイ・ベーツ – Wikipedia
 (英語)Paddy Roy Bates – Wikipedia
 シーランド公国 – Wikipedia
 (英語)Principality of Sealand – Wikipedia