訃報(2007年4月12日):東園基文(旧)子爵、卒去(1911~2007)

 2007年4月12日、東園基文(旧)子爵が卒去された模様。
 1911年生まれ。96歳。従三位勲二等。

 公家/羽林家の一つ東園家の当主。

 伊達宗家/旧・仙台藩主家の伊達邦宗伯爵の三男として生まれ、東園基光子爵の後を継ぐ。
 東宮侍従、宮内庁掌典長、神社本庁統理などを歴任。

 東園佐和子夫人(北白川宮家の佐和子女王)はすでになくなっている。
 後継当主は長男東園基政氏。次男東園基宏、三男東園基治の各氏も存命。三人は母親のさらに母親が房子内親王(明治天皇第七皇女)なので、明治天皇の曾孫にあたる模様。

 ご冥福をお祈りします。

 

参考(ウィキペディア):
 東園佐和子 – Wikipedia
 東園家 – Wikipedia

誕生(2007年4月10日):オランダ王女アリアーネ殿下

 2007年4月10日、オランダ王女アリアーネ殿下(オランニェ=ナッサウ公女 : Her Royal Highness Princess Ariane of the Netherlands, Princess of Orange-Nassau)が誕生された模様です。
 オランニェ公ウィレム=アレクサンダー殿下とマクシマ妃殿下の第三子・三女。

 現時点で、父と姉二人に次いで、オランダ王位継承順位第4位となります。

 

参考(ウィキペディア):
 アリアーネ・ファン・オラニエ=ナッサウ – Wikipedia
 (英語)Princess Ariane of the Netherlands – Wikipedia
 オラニエ=ナッサウ家 – Wikipedia
 (英語)House of Orange-Nassau – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:オランダ王室)Dutch royal house – Wikipedia, the free encyclopedia
 オランダ – Wikipedia
 オランダ王国 – Wikipedia

訃報(2007年4月9日):プロイセン王子ヴィルヘルム=カール殿下(1922~2007)

 2007年4月9日、プロイセン王子ヴィルヘルム=カール殿下(His Royal Highness Prince Wilhelm-Karl of Prussia : Wilhelm-Karl Prinz von Preußenヴィルヘルム=カール・プリンツ・フォン・プロイセン)が薨去された模様です。
 1922年1月30日生まれの85歳。

 ルター派聖ヨハネ騎士団総長などを務めました。

 ご冥福をお祈りします。

 

参考(ウィキペディア):
 ヴィルヘルム・カール・フォン・プロイセン – Wikipedia
 (英語)Prince Wilhelm-Karl of Prussia – Wikipedia
 ホーエンツォレルン家 – Wikipedia
 (英語)House of Hohenzollern – Wikipedia, the free encyclopedia
 プロイセン王国 – Wikipedia
 (英語)Kingdom of Prussia – Wikipedia

婚約(2007年4月):バイエルン王女マリア・アンナ殿下とクラウス・ルノウ博士

 バイエルン王女マリア・アンナ殿下(バイエルン公女 : Her Royal Highness Duchess Maria Anna in Bavaria, Princess of Bavaria)とクラウス・ルノウ博士(Dr Klaus Runow)が婚約されたようです。

 マリア・アンナ殿下は、バイエルン王子マックス殿下(バイエルン公(in))の五女です。

 

参考(ウィキペディア):
 マックス・エマヌエル・イン・バイエルン (1937-) – Wikipedia
 (英語)Prince Max, Duke in Bavaria – Wikipedia
 バイエルン公 (Herzog in Bayern) – Wikipedia
 (英語)Duke in Bavaria – Wikipedia
 ヴィッテルスバッハ家 – Wikipedia
 (英語)House of Wittelsbach – Wikipedia, the free encyclopedia
 バイエルン王国 – Wikipedia
 (英語)Kingdom of Bavaria – Wikipedia

婚約(2007年4月3日):オーストリア大公カール・クリスティアン殿下(1977年生まれ)とエステル・ド・サン=ロマン嬢が婚約

 オーストリア大公カール・クリスティアン殿下(オーストリア皇子/ハンガリー王子/ベーメン王子/ハプスブルク=ロレーヌ公子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Carl Christian of Austria, Prince Imperial of Austria and Prince Royal of Hungary and Bohemia, Prince de Habsburg-Lorraine)とエステル・ド・サン=ロマン嬢(Estelle de Saint-Romain)の婚約が発表となったようです。

 カール・クリスティアン殿下は1977年生まれの方で、ハプスブルク家の一員で、加えて父親とともにベルギー貴族に編入されています。

 

参考(ウィキペディア):
 ハプスブルク家 – Wikipedia
 (英語)House of Habsburg – Wikipedia
 ハプスブルク=ロートリンゲン家 – Wikipedia
 (英語)House of Lorraine – Wikipedia
 オーストリア=ハンガリー帝国 – Wikipedia
 (英語)Austria-Hungary – Wikipedia